*ご注文される場合はログインしてください。

*ご注文される場合はログインしてください。

academic-soft

世界中から研究・海外ソフトウェアを調達します!

検索結果

分類:

1から12を表示中 (商品の数:12)
商品説明
product thumbnail

NetCourse®

Stata学習コース(英語)
【本製品は特別見積製品です】
見積対象オプションについて見積期限内のみ価格表示されます。
ご希望のオプションが価格表示されていない場合はこちらからお問い合わせください。
●コース期間は6~7週間で、都合の良い時にいつでも閲覧可能
● course discussion boardを使って、コースリーダーへ質問したり、参加者同士のコミュニケーションが可能

product thumbnail

Stata/MP2 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
お知らせ (2019年6月26日)
バージョンが16リリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから
速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●StataMPはマルチプロセッサを搭載したコンピュータ上で並列処理による高速化を実現
●StataMPシリーズはSEと同機能で、複数CPU搭載コンピュータ対応版
●2コア搭載マシンに最適
●高速コンピュータの能力を最大限に引き出す、最速Stata
●Stata/MP2は、最大変数120,000 、高速マルチプロセッサPC対応
●Stata/MP2では、RAMの容量により最大120,000の変数でdatasetsを分析可能
●分析可能なDataset数はStataで最大
注)MPシリーズは1CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はSEと同等となります。またMP8等の上位製品は2CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はStata/MP2と同等となります。
お手持ちのコンピュータの能力を最大限に活かすには下記の製品がお勧めです。
✧1CPU搭載コンピュータ → StataSE
✧2CPU(またはDuo-Core、Double-Core)搭載コンピュータ → StataMP2
✧4CPU(またはQuad-Core)搭載コンピュータ → StataMP4
✧6CPU(または6-Core)搭載コンピュータ → StataMP6
✧8CPU(または8-Core)搭載コンピュータ → StataMP8
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/
パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/user/statacorp/

product thumbnail

Stata/MP4 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
お知らせ (2019年6月26日)
バージョンが16リリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから
速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能詳細:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●StataMPはマルチプロセッサを搭載したコンピュータ上で並列処理による高速化を実現
●StataMPシリーズはSEと同機能で、複数CPU搭載コンピュータ対応版
●4コア搭載マシンに最適
●高速コンピュータの能力を最大限に引き出す、最速Stata
●Stata/MP4は、最大変数120,000 、高速マルチプロセッサPC対応
●Stata/MP4では、RAMの容量により最大120,000の変数でdatasetsを分析可能
●分析可能なDataset数はStataで最大
注)MPシリーズは1CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はSEと同等となります。またMP8等の上位製品は2CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はStata/MP2と同等となります。
お手持ちのコンピュータの能力を最大限に活かすには下記の製品がお勧めです。
✧1CPU搭載コンピュータ → StataSE
✧2CPU(またはDuo-Core、Double-Core)搭載コンピュータ → StataMP2
✧4CPU(またはQuad-Core)搭載コンピュータ → StataMP4
✧6CPU(または6-Core)搭載コンピュータ → StataMP6
✧8CPU(または8-Core)搭載コンピュータ → StataMP8
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/
パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/user/statacorp/

product thumbnail

Stata Press® publications

Stata社のディビジョン、Stata Press®が販売しているStata関連の書籍
【本製品は特別見積製品です】
見積対象オプションについて見積期限内のみ価格表示されます。
ご希望のオプションが価格表示されていない場合またはご希望の本が掲載されていない場合はこちらからお問い合わせください。
●Stata Press®書籍は、ペーパーバック、eBook、Amazon Kindleで販売しています。
【A Gentle Introduction to Stata, Six Edition】
-Stataを使い始めたばかりのユーザ用
-著者:Alan C. Acock
-ページ数:570ページ
【Discovering Structural Equation Modeling Using Stata, Revised Edition】
-著者:Alan C. Acock
-ページ数:306ページ
【Psychological Statistics and Psychometrics Using Stata】
-著者:Scott Baldwin
-ページ数:454ページ
等々その他多くの書籍をお取り扱いしています。
詳細(英語)はStata Bookstoreにございます。
書籍のお問合せは、こちらから
The Stata Journal
- Stata Journalはこちらから有料購読のお申込みが可能です

product thumbnail

Stata/MP8 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
お知らせ (2019年6月26日)
バージョンが16リリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから

速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能詳細:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●StataMPはマルチプロセッサを搭載したコンピュータ上で並列処理による高速化を実現
●StataMPシリーズはSEと同機能で、複数CPU搭載コンピュータ対応版
●8コア搭載マシンに最適
●高速コンピュータの能力を最大限に引き出す、最速Stata
●Stata/MP8は、最大変数120,000 、高速マルチプロセッサPC対応
●Stata/MP8では、RAMの容量により最大120,000の変数でdatasetsを分析可能
●分析可能なDataset数はStataで最大
注)MPシリーズは1CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はSEと同等となります。またMP8等の上位製品は2CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はStata/MP2と同等となります。
お手持ちのコンピュータの能力を最大限に活かすには下記の製品がお勧めです。
✧1CPU搭載コンピュータ → StataSE
✧2CPU(またはDuo-Core、Double-Core)搭載コンピュータ → StataMP2
✧4CPU(またはQuad-Core)搭載コンピュータ → StataMP4
✧6CPU(または6-Core)搭載コンピュータ → StataMP6
✧8CPU(または8-Core)搭載コンピュータ → StataMP8
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/
パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/user/statacorp/

product thumbnail

Stata/MP6 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
【本製品は特別見積製品です】
見積対象オプションについて見積期限内のみ価格表示されます。
ご希望のオプションが価格表示されていない場合はこちらからお問い合わせください。
お知らせ (2019年6月26日)
バージョン16がリリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから
速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能詳細:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●StataMPはマルチプロセッサを搭載したコンピュータ上で並列処理による高速化を実現
●StataMPシリーズはSEと同機能で、複数CPU搭載コンピュータ対応版
●6コア搭載マシンに最適
●Stata/MP6は最大変数120,000 、高速マルチプロセッサPC対応
●Stata/MP6ではRAMの容量により最大120,000の変数でdatasetsを分析可能
●分析可能なDataset数はStataで最大
注)MPシリーズは1CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はSEと同等となります。またMP8等の上位製品は2CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はStata/MP2と同等となります。
お手持ちのコンピュータの能力を最大限に活かすには下記の製品がお勧めです。
✧1CPU搭載コンピュータ → StataSE
✧2CPU(またはDuo-Core、Double-Core)搭載コンピュータ → StataMP2
✧4CPU(またはQuad-Core)搭載コンピュータ → StataMP4
✧6CPU(または6-Core)搭載コンピュータ → StataMP6
✧8CPU(または8-Core)搭載コンピュータ → StataMP8
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/

パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
http://www.youtube.com/user/statacorp

product thumbnail

Stata/SE 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
お知らせ (2019年6月26日)
バージョンが16リリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから
速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●Stata/SEは最大変数32,767 のStataの基本形
●シングルプロセッサに最適
●Stata/SEではRAMの容量により最大32,767の変数でdatasetsを分析可能
●分析可能なDataset数はStataで最大
注)SEはマルチプロセッサ搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度は1CPUのコンピュータと同等となりますので、複数CPU搭載コンピュータの速度を最大限に活かすにはStata/MPシリーズをご利用下さい。
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/
パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/user/statacorp/

product thumbnail

Stata/IC 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
お知らせ (2019年6月26日)
バージョンが16リリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから
速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●Stata/ICは最大変数2,048までの廉価版
●Stata/ICではRAMの容量により最大2,048の変数でdatasetsを分析可能
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/
パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/user/statacorp/

product thumbnail

Stata/MP16 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
お知らせ (2019年6月26日)
バージョンが16リリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから

速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能詳細:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●StataMPはマルチプロセッサを搭載したコンピュータ上で並列処理による高速化を実現
●StataMPシリーズはSEと同機能で、複数CPU搭載コンピュータ対応版
●16コア搭載マシンに最適
●高速コンピュータの能力を最大限に引き出す、最速Stata
●Stata/MP16は、最大変数120,000 、高速マルチプロセッサPC対応
●Stata/MP16では、RAMの容量により最大120,000の変数でdatasetsを分析可能
●分析可能なDataset数はStataで最大
注)MPシリーズは1CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はSEと同等となります。またMP8等の上位製品は2CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はStata/MP2と同等となります。
お手持ちのコンピュータの能力を最大限に活かすには下記の製品がお勧めです。
✧1CPU搭載コンピュータ → StataSE
✧2CPU(またはDuo-Core、Double-Core)搭載コンピュータ → StataMP2
✧4CPU(またはQuad-Core)搭載コンピュータ → StataMP4
✧6CPU(または6-Core)搭載コンピュータ → StataMP6
✧8CPU(または8-Core)搭載コンピュータ → StataMP8
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/
パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/user/statacorp/

product thumbnail

Stata/MP10 16 日本語/英語版 日本語スタートアップガイド付

データ分析・データ管理、およびグラフ機能の全てを備えた統計分析の為の統合システム
【本製品は特別見積製品です】
見積対象オプションについて見積期限内のみ価格表示されます。
ご希望のオプションが価格表示されていない場合はこちらからお問い合わせください。
お知らせ (2019年6月26日)
バージョン16がリリースされました。
●Stata16の主要新機能:
〇 Lasso
〇新しいレポート機能
〇メタアナリシス
〇選択モデル
〇Pythonの統合
〇SASやSPSS からのデータのインポート
などなど
・新機能の詳細(英語)は、こちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Stataのその他機能詳細(英語)についてはこちらからご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
・Youtubeでもバージョン16についての説明あり(英語のみ) Youtubeはこちらから
・弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に「日本語スタートアップガイド」を無料でご提供!!!
ご質問はこちらから
速い!正確!使い易い!
Stataは、データ操作および可視化機能、統計機能、再現性のあるレポート作成機能
など、データサイエンスに必要なもの全てを含んだ完全な統合ソフトウェアパッケー
ジです。
●Stata16の新機能詳細:
〇 Lasso
Lassoは、モデルの選択、予測、および推論に使用される機械学習技術です。
新しいlassoコマンドは、線形、ポアソン、ロジット、またはプロビット回帰モデルからの偏差を使用して、連続、カウント、およびバイナリアウトカムに対して「最適な」予測肢を選択します。
〇新しいレポート機能
新しいレポート機能を使用すると、Stataの結果とグラフを、フォーマットされたテキストと表を組み込んだWord、PDF、Excel、およびHTMLドキュメントを作成できます。作成するドキュメントタイプに関係なく、Stataの統合されたバージョン管理機能によりレポートを確実に再現できます。データが変更されると更新されるような動的レポートの作成も容易です。
〇メタアナリシス
Meta-analysisを実行するための新しい一連のコマンドがあります。この一連のコマンドを使用すると、さまざまな研究の結果を調べて組み合わせることができます。例えば、血圧に対する特定の薬の効果について研究から20個の結果を集めた場合、それらの研究結果を纏めて meta-analysisを使い全体的な効果を推定することができます。
〇選択モデル
選択データをモデル化するための新しい統一された一連のコマンドを紹介します。
・選択データを要約するための新しいコマンドを追加しました。
・フィッティング選択モデルの既存のコマンド名を変更し、改良しました。
・パネルデータに混合ロジットモデルをフィッティングさせるための新しいコマンドを追加しました。
※これらは、新しいChoice Modelsリファレンスマニュアルに纏められています。
〇Pythonの統合
Stata内にPythonコードを埋め込み実行することができるようになりました。Stataの新しいpythonコマンドを使用すると、StataからPythonを簡単に呼び出して、Stata内でPythonの結果を出力できます。Pythonを対話的に、またはdoファイルやadoファイルで呼び出すことができるので、Pythonの広範な言語機能を利用できます。Stataから直接Pythonスクリプトファイル(.py)を実行することもできます。
〇ベイジアン解析の新機能—複数連鎖、予測、他
- Multiple chains
MCMC(マルコフ連鎖モンテカルロ)サンプルに基づくベイズ推定は、マルコフ連鎖が収束した場合にのみ有効です。この収束を評価する1つの方法は、複数のチェーンをシミュレートして比較することです。
- Bayesian predictions(ベイズ予測)
ベイズ予測は事後予測分布からのシミュレーション値です。これらの予測は、モデルの近似を確認したり、標本外の観測値を予測したりするのに役立ちます。モデルをbayesmhで近似後、bayespredictを使用して、これらのシミュレーション値または関数を計算し、新しいStataデータセットに保存することができます。
〇Panel-data ERMs
拡張回帰モデル(ERM)は、Version15の大きな新機能でした。ERMコマンドは、観察データに内在する3つの一般的な問題 - 内因性の共変量、サンプルの選択、治療 - を単独、または組み合わせて、考慮するモデルに適合します。
〇SASやSPSS からのデータのインポート
新しいimport sasおよびimport spssコマンドを使用すると、SAS(.sas7bdat)およびSPSS(.sav)形式で保存されたデータをインポートできます。ダイアログボックスを使用することにより、データをインポートする前にデータを簡単に確認したり、必要に応じてStataに読み込む変数と観測値のサブセットを選択できます。
〇ノンパラメトリック級数回帰
新しいnpregress seriesコマンドは、多項式、Bスプライン、または共変量のスプラインを使用して
従属変数の平均を近似するノンパラメトリック級数回帰にフィットします。あらかじめ決められた機能形式を指定する必要はなく、モデルに含める共変量のみを指定します。
●Stataが選ばれる理由は・・・
・優れたデータ管理機能であらゆるデータの処理が可能(多種多様なデータ形式をサ
ポート)
・幅広い統計機能
・出版品質のグラフィック
・動的なドキュメント作成
・完全に再現可能な研究
・リアルなドキュメント作成
・高い信頼度
・使い易さ
・習得し易さ
・自動化が容易
・拡張が容易
・高度なプログラミング
・自動マルチコアサポート
・コミュニティに寄与する機能
・ワールドクラスの技術サポート
・クロスプラットフォームの互換性
・ワールドワイドで数多くのユーザーに使用されている実績
・総合的なリソース
・活気に満ちたコミュニティ
・手ごろな価格
●Stataの主な統計機能
・Case-control分析
・ARIMA
・ANOVA / MANOVA
・線形回帰
・一般化線形モデル(GLM)
・クラスター分析
・対照と比較
・パワー分析
・サンプル選択
・多重モデル
・脆弱性を含む生存モデル
・DPD(Dynamic panel data)回帰
・共分散構造分析(SEM)
・2値、カウント、生存アウトカム
・ARCH
・多重代入法
・サーベイデータ
・処置効果
・正確統計
・ベイズ分析
その他多数の統計機能がございます。
詳細(英語)はこちらをご参照ください。(メーカーサイトへとびます)
●基本統計から線形モデル、ノンパラメトリック分析、時系列分析等広い範囲の統計量の計算が可能
●医学の研究者、生物統計学者、免疫学者、エコノミスト、社会学者、政治学者、地理学者、心理学者等、データを分析する必要がある研究専門家向け製品
●統計手法を幅広くサポート
●StataMPはマルチプロセッサを搭載したコンピュータ上で並列処理による高速化を実現
●StataMPシリーズはSEと同機能で、複数CPU搭載コンピュータ対応版
●6コア搭載マシンに最適
●Stata/MP6は最大変数120,000 、高速マルチプロセッサPC対応
●Stata/MP6ではRAMの容量により最大120,000の変数でdatasetsを分析可能
●分析可能なDataset数はStataで最大
注)MPシリーズは1CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はSEと同等となります。またMP8等の上位製品は2CPU搭載のコンピュータでも動作可能ですが、動作速度はStata/MP2と同等となります。
お手持ちのコンピュータの能力を最大限に活かすには下記の製品がお勧めです。
✧1CPU搭載コンピュータ → StataSE
✧2CPU(またはDuo-Core、Double-Core)搭載コンピュータ → StataMP2
✧4CPU(またはQuad-Core)搭載コンピュータ → StataMP4
✧6CPU(または6-Core)搭載コンピュータ → StataMP6
✧8CPU(または8-Core)搭載コンピュータ → StataMP8
などなど
●各Flavorの詳細は、メーカーサイト(英語)をご参照ください:
・https://www.stata.com/products/which-stata-is-right-for-me/
・https://www.stata.com/statamp/

パッケージStata/ICStata/SEStata/MP
変数(列)の上限2,04832,767120,000
観測データ(行)の上限21億4千万21億4千万200億以上
独立変数の上限79810,99865,532
サポートコア数1-core1-core2-core 4-core 4+
!!! Stata全製品「日本語PDFスタートアップガイド付き」 !!!
弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供。
(弊社よりダウンロードリンクをお送りいたします。)
1オーダーにつき1ガイドご提供。 弊社でご購入の場合のみ。
インストール、基本操作、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。
基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得。
✧こちらから✧スタートアップガイドの目次をご覧になれます!
!!! 「Stata日本語PDF解説書」各種、お取扱中 !!!
Math工房開発、日本語PDF解説書をお取扱中。
製品詳細はこちらから
【StataがYouTubeに登場!(全英語)】
Stata初心者用ベーシックツアー他、23種類の短編チュートリアルを提供。(全英語)
短編チュートリアルでは、Stataを使用しての統計分析方法やシンプルなグラフ作成方法を紹介。
また、ボーナスビデオとして、構造方程式モデルが素早く簡単に作成可能なStataのSEMビルダーの使用法も紹介。
StataのYouTubeチャンネルはこちら↓
http://www.youtube.com/user/statacorp

product thumbnail

Stata日本語PDF解説書

StataのテクニカルワークショップMath工房が開発した日本語PDF解説書
お知らせ (2019年6月26日)
Stataバージョン16がリリースされました。
・Stata15S版は、16版への無償アップグレード付きです!
- 「Stata 15S 日本語PDF解説書」は、全24冊に
及ぶStata解説書で、Stataコマンドの機能、用法が英文マニュアルと同等のレベルで解説されています。
- 「Stata 15S 日本語PDF解説書」は、16版への無償アップグレード付きです。
StataのテクニカルワークショップMath工房のウェブサイトも是非ご覧ください。
http://www.math-koubou.jp/stata1.html
●StataのテクニカルワークショップMath工房が開発した「15S (16版への無償アップグレード付き)フルセット」
・全24冊A4版PDF 4277ページに及ぶ解説書で、Stataコマンドの機能、用法が英文マニュアルと同等のレベルで解説されています。
・日本語PDF解説書フルセットで解説されている機能:
[基盤機能]
 推定の基本、多彩な推定法、多彩な検定機能、 関数/テーブル系機能、データ管理機能、PSS分析、ベイズ分析機能、有限混合モデル
[医療系機能]
 疫学系テーブルの分析、生存時間分析Vol-1・Vol-2、処置効果
[経済系機能]
 パネルデータの分析、多階層混合効果モデル、単変量時系列分析、多変量時系列分析、
DSGEモデルの分析 、空間自己回帰モデル
[その他]
 多変量解析・構造方程式モデリング、項目応答理論
(A4版PDF 4277ページ)
●この他に、「日本語PDF解説書フルセット」のサブセットとして、下記もお求めいただけます。
※日本語PDF解説書医療系セット
  -- 基盤/医療系機能をカバーした全12冊構成(A4版PDF23195ページ)
※日本語PDF解説書経済系セット
  -- 基盤/経済系機能をカバーした全14冊構成(A4版PDF 2883ページ)
※日本語PDF解説書社会科学系セット
  -- 基盤/その他をカバーした全14冊構成(A4版PDF 2487ページ)
※日本語PDFスタートアップガイド(注1)
  -- インストール、基本操作に加えて、各種推定コマンドの代表的な用法を記載。基盤系だけでなく、医療系、計量経済系まで、基本的な一通りの機能を短時間で修得可能。(A4版PDF 189ページ)
(注1)「日本語PDFスタートアップガイド」は、弊社にてStata製品ご購入(新規/アップグレード)の方全員に無料でご提供しております。
すでにStataをお持ちのお客様は別途ご購入をお願いいたします。

product thumbnail

WordStat for Stata

テキスト解析ソフトウェア
テキスト解析ソフトウェア
【本製品は特別見積製品です】
見積対象オプションについて見積期限内のみ価格表示されます。
ご希望のオプションが価格表示されていない場合はこちらからお問い合わせください。

1から12を表示中 (商品の数:12)
ページTOPへ